酒場と言えばやはり居酒屋だろう。

会社がえるに訪れる酒場と言えばやはり居酒屋で決まりだろう。品数の豊富さ、避ける胃の多さ、価格の安さが魅力だ。

酒場と言えばやはり居酒屋だろう。

酒場と言えばやはり居酒屋だろう。

酒場と言えば高級なクラブやバーなどもあるが、庶民にとっては一番なじみのあるのが居酒屋だ。何よりメニューが豊富で、誰と言ってもほとんど満足して帰ることが出来る。もちろん、肝心の酒の品種も多い。さらに一番良いのは価格が安いと言うことだ。ほとんどちょっと一杯という感じなら2〜3千円の予算で事足りる。それ故、会社が入りのサラリーマンでも安心してのみに行くことが可能だ。最近では、大手チェーン店などの出店も多く、至る所で見かけるようになった。繁華街はもちろん、学生街や、住宅地の周辺など、気軽に会社帰りや、休みの日などでも多くのお客さんが入っている。店員の教育も結構行き届いていて、気分が悪い態度を取られたことは無い。いつ言っても笑顔で気持ちよく接してくれる。kの点だけでも、楽しみの一つと言えるだろう。一人住まいに棒にとって、若者の気持ちの良い接客と、その笑顔はすごく頼もしく思える。これからの日本を支える原動力となってくれるはずだ。

居酒屋を訪れるのはなんと言っても、相手はのみ客である。店員も嫌な思いをすることは多いと思うが、ちゃんとマニュアル道理の接客で、まず不愉快な気分を味わうことは無い。よほどひどい酔っ払いでも無い限り、ほとんど問題ないと言えるだろう。唯一不満なのは、トイレがあまりきれいでは無いと言うこと。もちろん、それなりに清掃は行われているが、まだ新しい建物にもかかわらず、トイレそのものがそれほど大きなスペースが取られていないと言うこと。場所によっては、一カ所しか無いところもある。飲み客が多いのだから、トイレも余裕を持って付くって欲しいと思うのだが、店舗のサイズを優先しているのか、意外と狭い店が多い。この点が解消されれば、居酒屋は最高の酒場と言えるだろう。場合によっては個室が一つしか無いため、ズーッと閉まりっぱなしなんてこともある。中で酔いつぶれているなんて事も十家rの場合はあるのだから、せめて、二カ所ぐらいは用を足す場所を用意して欲しい。

Copyright (C)2017酒場と言えばやはり居酒屋だろう。.All rights reserved.