酒場と言えばやはり居酒屋だろう。

居酒屋を人の集まる酒場としてどのように評価されるかを料理や酒、接客などを項目別に評価してみました。

酒場と言えばやはり居酒屋だろう。

居酒屋の酒場としての評価

居酒屋は、それ自体が多くの人々が利用するところなので、集客のためにとてもいろいろ工夫しています。そしてその評価を仕事上や趣味などで比較、論じているサイトもインターネットでもたくさんありますし、雑誌でもたくさん書かれています。それらで高評価されている居酒屋は繁盛するようですね。それでもその期間はとても短く、常に新しい何かを出していかないと、だんだん客足が遠のいてしまうことになります。評価が低下してくるということですね。居酒屋は酒場であるということも忘れてはいけないと思います。あまりにもアイデアに走りすぎて経営者などの自己満足というお店も結構あります。満足は利用客の方がすべきもので、その反対では引いてしまい行かなくなりますね。

会社でも仕事などを押し付けられ、その気分を解消しにいったら居酒屋でも押し付けられるのではたまらないということでしょう。そういう点から考えれば、まずは酒場である居酒屋の雰囲気が大切です。そこがその評価の第一でしょう。入ってきた瞬間の感覚でしょうか。そして接客ですね。接客は客商売の命ですから、気分が良く過ごせると、少しぐらい料理が良くなくても何度も行くようになるでしょう。私も接客が悪いところは二度と行きません。それでなくても気を使ってきた後なのに、また居酒屋で気を使うのならば意味がありません。その後酒や料理の工夫ですね。やはりご馳走を食べに来たのではないのですから値段も大切でしょう。居酒屋ですからね。

お役立ち情報

Copyright (C)2017酒場と言えばやはり居酒屋だろう。.All rights reserved.